診療内容

井上勝江先生ギャラリーページ

ふじおかクリニック-モバイルサイト

患者の気持ち-ふじおかクリニック

泌尿器科

泌尿器科について

泌尿器科は、水分の調節と同時に老廃物の排泄をするはたらきをもつ腎臓に始まり、尿管、膀胱、尿道へと連なる尿路と、前立腺など男性の生殖器を中心に治療する診療科です。対象の臓器の形態が男性と女性とでかなり異なるため、男性だけの病気と女性に多い病気のそれぞれがあるのが特徴です。
泌尿器科の診療範囲は幅広いのですが、具体的な疾患としては以下のようなものが挙げられます。

頻尿、夜間頻尿、尿道炎、腎盂腎炎、前立腺炎、精巣上体炎、前立腺肥大症、尿路結石(腎結石、尿管結石、膀胱結石など)、陰嚢水腫、性感染症(クラミジア感染症、淋菌感染症など)、腎細胞がん、膀胱がん、前立腺がん、精巣腫瘍 など

 こんな症状の方はご相談ください

  •  トイレが近い
  •  たびたび夜中に起きてトイレに行く
  •  尿が漏れる
  •  トイレまで我慢が出来ない
  •  排尿に勢いが無い、尿が出にくい
  •  尿が出なくなった
  •  残尿感がある
  •  尿をしてもすっきりしない
  •  尿をするときに痛みがある
  •  尿をした後に痛みがある
  •  尿をするときに血が出る
  •  尿検査で陽性(尿潜血・たんぱく尿)を指摘された
  •  尿道や股間の奥(会陰部)に不快感がある
  •  尿道から分泌物(膿や汁)が出る
  •  膀胱炎が治らない、再発する 
  • など

● 男性に特有の悩み

  •  PSA値が高い    前立腺がんが心配    前立腺肥大症かどうかを調べたい
  •  陰茎、陰嚢が痛い    陰茎、陰嚢がかゆい    陰嚢が腫れている
  • など

● その他

  •  尿に泡が混ざる    尿が濁っている気がする    膀胱がんが心配だ
  •  腰のあたりが痛み出した    泌尿器科の検診を受けたい
  • など

泌尿器科の主な病気

 前立腺肥大症

前立腺肥大症とは、膀胱の下にある前立腺が肥大して尿道を圧迫し、排尿障害を来たす病気です。日本の55歳以上の男性の約2割、5人に1人くらいに前立腺肥大の症状があることが統計的にわかっています。

はっきりとした原因は解明されていませんが、加齢と性ホルモンがなんらかの影響を及ぼしていることは確かなようです。 前立腺肥大症の主な症状は、「尿をする回数が多い(1日8回以上)」「急に尿がしたくなって、我慢出来ないことがある」「我慢出来ずに尿をもらしてしまうことがある」「夜、何度もトイレに行く」「尿が出にくいことがある」などです。 健康なときには、無意識に済ませていた排尿なのに、これがスムーズにいかなくなることで、日常生活に大きな支障を来たします。

尿検査、残尿測定、尿流測定、直腸指診などで診断します。治療は薬物療法、手術療法があります。

 前立腺炎

● 急性(細菌性)前立腺炎

前立腺炎は急性の場合の多くは細菌による感染で、高熱(発熱)や排尿困難、排尿痛や残尿感,頻尿症状をともないます。抗菌薬の点滴や内服薬で治療します。

● 慢性前立腺炎/慢性骨盤疼痛症候群(CP/CPPS)

慢性前立腺炎はあまり一般的な病気ではありませんが、年齢は20~40代の若い世代に多く見られます。
症状は会陰部不快感・排尿時排尿後の痛み・射精時射精後の痛み・精液に血が混じるなど、いろいろな症状を呈し、その程度もさまざまです。潜在的な患者様の数は多く、全男性の約5%がこれらの症状を経験していると言われます。治療も多種ですが、症状が改善するまでは数ヶ月かかることも少なくありません。

 前立腺がん

前立腺がんの患者さんが、最近増えています。前立腺がんに特有の症状はありませんが、前立腺肥大症と併存することも多く、前立腺肥大症の症状で見つかることもあります。

診断には、前立腺腫瘍マーカー(PSA、前立腺特異抗原)が特に有効で、採血(血液検査)で早期発見出来るがんですので、50歳以上の方は一度は検査をお受けになるよう、お勧めします。

 尿路結石

腎臓結石、尿管結石、膀胱結石、尿道結石を総称して尿路結石といいます。尿管結石では背部・腹部の激痛や嘔吐を伴うこともあります。症状、結石の位置・大きさにより、保存的治療(自然に排石することを期待する)か手術(体外衝撃波結石破砕手術(ESWL)やレーザーなどを用いた内視鏡手術)による治療を行うか判断します。

 精巣腫瘍

精巣腫瘍にかかる割合は10万人に1人程度とされ、比較的まれな腫瘍です。しかし、他の多くのがんと異なり、20歳代後半から30歳代にかけて発症のピークがあり、若年者に多いのが大きな特徴です。実際に20歳代から30歳代の男性では、最もかかる数が多い固形腫瘍(白血病などの血液腫瘍以外の腫瘍)とされています。

精巣腫瘍の主な症状は、片側の精巣の腫れや硬さの変化です。しかし、多くのケースで痛みや発熱が無いため、かなり進行しないと気付かないことも少なくありません。また、精巣腫瘍は比較的短期間で転移(がんが、離れた臓器に移動して、そこで増殖すること)を起こすため、転移によって起こる症状によって、もともとの病気である精巣腫瘍が見つかることもあります。転移した部位により症状は異なり、例えば、腹部リンパ節への転移の場合では腹部のしこり・腹痛・腰痛などが、肺への転移の場合では息切れ・咳(せき)・血痰(けったん)などが挙げられます。

精巣腫瘍は進行が速く、転移しやすい特徴があります。そのため、精巣腫瘍が疑われる場合には、まず病気のある側の精巣を摘出する手術を行います。そして手術で取り出した組織を顕微鏡で調べてから、その後の治療方針が立てられます。

 膀胱がん

尿路がん(腎盂、尿管、膀胱)の中で、膀胱がんが最も死亡数が多く、7割以上を占めます。罹患(りかん)数でも膀胱がんが最も多く、尿路がん全体の約半数を占めます。膀胱がんは、膀胱鏡検査を行えば、ほとんどが診断がつきます。尿にがん細胞が落ちているかを調べる尿細胞診も有効な検査です。

膀胱がんの外科的な治療には、大きく分けて2つの方法があります。ひとつは、腰椎麻酔をかけて膀胱鏡で腫瘍を観察しながらがんを電気メスで切除する方法(経尿道的膀胱腫瘍切除術:TUR-BT)、もうひとつは、全身麻酔下に膀胱を摘出する方法(膀胱全摘除術)です。

 腎臓がん

腎臓がんは初期の段階では、ほとんど症状が現れません。腎臓に出来たがんが直径5cmを超えた頃、なんらかの症状が現れ出します。腹部の疼痛・血尿・腹部のしこりが、腎臓がんの三大症状と言われています。

腎臓がんは、以前は見つけにくいがんだと言われていましたが、超音波検査やCT検査などの検査技術の発達により、比較的小さながんも発見出来るようになっています。

 性感染症

性感染症とは、性行為を介して人から人に感染を起こすさまざまな病気の総称です。

以前は性風俗店などでの不衛生な性行為による感染が多かったのですが、最近は、傾向として不特定のセックスパートナーとの性交渉やセックスの多様化などにより、ごく一般に広まっています。
逆に、風邪のように喉が痛い(咽頭炎)などの症状で性感染症が発見されるケースも見られるようになり、病状は多様化しています。

代表的な性感染症は、淋病、クラミジア感染症(非淋菌性尿道炎)などです。

思い当たる節のある方や、パートナーが性感染症にかかっている方は早めに専門医の検査と適切な治療を受けることが、早期治癒への大事な一歩です。

 ED

ED(Erectile Dysfunction)は、勃起不全または勃起障害のことを言います。

完全に勃起出来ないことだけを指すわけではなく、「勃起に時間がかかる」「途中で萎えてしまう」「満足のいく性行為が出来ない」と感じる人は、いずれもEDの疑いがあります。

年齢を重ねるごとに誰もがなり得る症状で、成人男性の4人に1人、50代以上の男性では2人に1人がEDを有すると言われます。

また近年は、若い方でも、ストレス、精神的な原因からEDに悩むようになる方が少なからずおられます。 現在、ED治療には良い薬がいろいろ開発されています。

ページトップへ