診療内容

井上勝江先生ギャラリーページ

ふじおかクリニック-モバイルサイト

患者の気持ち-ふじおかクリニック

女性泌尿器科

女性泌尿器科について

泌尿器科は女性にとって受診しづらい診療科ではないでしょうか。しかしながら排尿関連のお悩みは女性に広く見受けられるもので、けっして特別な悩みではありません。

尿漏れ、頻尿、膀胱炎など、一人で悩まずに、お気軽にご相談ください。


 こんな症状の方はご相談ください

  •  尿漏れ
  •  頻尿
  •  排尿困難
  •  過活動膀胱
  •  急性膀胱炎
  •  腎盂腎炎
  •  健康診断で血尿を指摘された
  •  尿路(腎臓、尿管、膀胱)に結石がある

 過活動膀胱

過活動膀胱は「急に我慢できないような尿意が起こる」「トイレが近い」「急にトイレに行きたくなり、我慢が出来ず尿が漏れてしまうことがある」などの症状を示す病気です。
40歳以上の男女の8人に1人が、過活動膀胱の可能性があることが、日本国内での調査でわかっています。
問診、尿検査、腹部エコー検査(残尿量の測定)などで診断をします。治療には薬による治療と、行動療法があります。

 腹圧性尿失禁

女性の正常な体では、おなかに強い力(腹圧)がかかった場合、「骨盤底筋(こつばんていきん)」という筋肉が膀胱と尿道を支えることで尿道が締まり、尿が漏れるのを防いでいます。腹圧性尿失禁(尿漏れ)は、この骨盤底筋が弱くなったり傷んだりすることによって、尿道をうまく締められなくなり、尿漏れを起こす病気です。咳をする、くしゃみをする、笑う、走る、テニスやゴルフなどのスポーツをする、重い物を持ち上げる、坂道や階段を昇り降りする――このような強い腹圧がかかるような動作をしたとき、尿が漏れてしまいます。

腹圧性尿失禁の治療の中心は、「骨盤底筋体操」です。緩んでしまった骨盤底筋を鍛えて、臓器が下がるのを防ぎ、尿道や肛門を締める力やコントロールする力をつけることで、尿漏れを防ぐ方法です。薬による治療では、尿道を引き締めるはたらきがある薬(β受容体刺激薬)などを用います。手術には、尿道を吊り上げる方法(尿道スリング手術)や、コラーゲンを注入して尿道の筋肉を強くする方法などがあります。

 膀胱炎

女性に多い病気で、男性に起こるのはまれです。年齢を問わずかかりますが、若い方に多く見られます。女性の外陰部にいる細菌が尿道から入って膀胱粘膜に付着、繁殖して起こります。

通常は菌が入っても、膀胱の感染防御機構がはたらいて膀胱炎にはなりませんが、次のような要因が重なると膀胱炎になることがあります。

――ストレス、疲れ、体調不良(風邪をひいた後など)。
症状としては排尿痛、排尿時違和感、頻尿、残尿感、下腹部痛(違和感、鈍痛、張った感じなど)、血尿、混濁尿(白く濁っている)、尿臭が強い、などがあります。 検査は、尿検査と尿の細菌培養検査で診断します。トイレで紙コップに尿を採って来ていただき、それを顕微鏡で見て白血球(炎症細胞)が増えていれば膀胱炎と診断します。問診と尿検査で診断します。
治療は、抗生剤を3~5日間、内服します。通常1~2日間で症状は良くなり、3~5日間の治療で治癒します。


ページトップへ